百貨店最大手マタハリ、昨年は8年ぶり減益

インドネシア百貨店最大手のマタハリ・デパートメント・ストアの2017年12月期決算は、純利益が前年比6%減の1兆9,100億ルピア(約143億円)だった。購買力の低迷を背景に、09年以降で初の減益となった。 売上高は1%増の10兆200億ルピアだった。売上原価が2%増の3兆7,60…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

首都MRT、車両第2弾が到着(08/20)

ダイハツ小売り販売、1~7月は8%増(08/20)

車両ローンの頭金ゼロに、近くOJK令で(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン