首都の開発事業、二重払いで6千万円損失

ラオスの首都ビエンチャンで2017年に実施された21件の政府開発事業のうち、9件で資金が二重に支払われ、国に49億キープ(約6,340万円)の損失を与えていたことが分かった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が2月27日に伝えた。 国家検査院の調べで判明した。事業費の支払い承認…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビエンチャン、飲酒運転の罰金最大20倍に(07/23)

セルバ、ラオス北部で水力発電所受注(07/23)

ラオス日系特区初の工場完成 三幸工務店、高品質コンクリ製造(07/20)

ビエンチャン政府、道路改修の資金不足(07/20)

観光障壁を撤廃へ、副首相が指示(07/19)

隣国接続の国道13号線、建設業者選定へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン