首都の開発事業、二重払いで6千万円損失

ラオスの首都ビエンチャンで2017年に実施された21件の政府開発事業のうち、9件で資金が二重に支払われ、国に49億キープ(約6,340万円)の損失を与えていたことが分かった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が2月27日に伝えた。 国家検査院の調べで判明した。事業費の支払い承認…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラチャブリ、23年までに海外事業比率4割に(05/18)

ウェーブ、英語学校WSEのFC権取得(05/17)

割賦ティティコン、カンボジア子会社増資へ(05/15)

政府、7.3兆キープの財政補てん計画(05/14)

南部パクセの堤防建設、進捗率10%超に(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン