• 印刷する

《日系進出》十一屋工業、北部に海外初の工場

竣工式に出席した十一屋工業の関係者ら=ハイフォン市(ディンブー工業団地社提供)

竣工式に出席した十一屋工業の関係者ら=ハイフォン市(ディンブー工業団地社提供)

溶接工事を手掛ける十一屋工業(名古屋市)はこのほど、ベトナム北部ハイフォン市で工場を竣工(しゅんこう)した。同社にとって海外初の工場となる。

工場は、ディープシー(DEEP C、旧ディンブー)工業団地に建設された。敷地面積1万4,660平方メートル、床面積6,970平方メートル。現地法人の十一屋ベトナムが操業し、鋼構造物や橋りょうの部材などを製作する。月内に生産を開始する予定で、旺盛な日本の建設需要に対応するとともに、今後成長が見込まれるベトナム国内や東南アジア諸国への供給に備える。

十一屋工業は、1981年に鉄骨や橋りょうの現場溶接を手掛ける企業として創業。85年に名古屋市に溶接工場を建設した。2013年からベトナム人実習生を受け入れており、今回開設した新工場でも日本で技術実習を受けたベトナム人技術者約30人を雇用する予定という。

ディープシー工業団地は、ベルギーの港湾開発会社とハイフォン市の合弁により、1997年にディンブー工業団地として設立された。2015年に敷地を3,400ヘクタールに拡張し、現在の名称に変更。日系企業14社が進出している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

越ハラル市場、日系にも商機 増加が続くマレーシア人観光客(01/22)

鉄道管理局、HCM市に2.2兆ドン支払提案(01/22)

韓国イースター航空、越2路線を就航へ(01/22)

ハノイの住宅供給数、18年は24%増(01/22)

不動産FLC、10万人スタジアムの建設計画(01/22)

抱月工業、JBICと池田泉州銀が融資(01/22)

18年の石炭輸入、量微減も金額は63%増(01/22)

繊維の耀億、浙江省にイケア向け新工場(01/22)

チャビン省で太陽光発電、投資額1.5億ドル(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン