北京のオフィス物件販売面積、昨年は7割減

中国の不動産関連の各種指標を扱う中国指数研究院が発表した2017年の商業用不動産市場に関するリポートによると、北京市の昨年のオフィス物件販売面積は前年比で73.8%減少した。不動産購入規制が強化された昨年3月以降、取引は目立って落ち込んだ。27日付北京日報が伝えた。 京…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

香港にAI実験室を設立 アリババ、スタートアップ育成(05/28)

テイクオフ:広州では今月中旬からタ…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(05/28)

香港イノベーション政策に警告、科技大など(05/28)

ZTEへの制裁解除へ 米大統領が表明、罰金など条件に(05/28)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/28)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/28)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン