国税通則改正法審議遅れで歳入庁設置に影響

インドネシア国会で、税務処理の手順や罰則などを定めた国税一般通則(KUP)法の改正審議が、来年以降に持ち越される可能性が出てきた。改正法案の審議は、昨年10月から進展していない。改正案の目玉である国家歳入庁の設置が大幅に遅れそうだ。27日付ジャカルタ・ポストが伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2018年の新作、ク…(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

来年の首都最低賃金、州労働局8%増に準拠(10/23)

日系出資発電所に官民で13億ドルの協調融資(10/23)

日本政府、MRT工事で700億円供与へ(10/23)

首都、MRT事業に22億円の補助金を計上へ(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

BNI、汚職事件のメイカルタへの融資停止(10/23)

インフラ6案件に非政府予算で30億ドル調達(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン