国税通則改正法審議遅れで歳入庁設置に影響

インドネシア国会で、税務処理の手順や罰則などを定めた国税一般通則(KUP)法の改正審議が、来年以降に持ち越される可能性が出てきた。改正法案の審議は、昨年10月から進展していない。改正案の目玉である国家歳入庁の設置が大幅に遅れそうだ。27日付ジャカルタ・ポストが伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:出社しようとすると家主…(01/22)

【この人に聞く】一種一品の小口発注に対応 精密板金の梅田、下期は工場拡張(01/22)

エクスパンダー、今年は11.5万台の生産目標(01/22)

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増(01/22)

国営鉄道車両製造、バングラに15両を出荷(01/22)

ジャワ横断道路が開通、一部で混雑地点残る(01/22)

国家戦略事業の31案件、10月までの完工を急ぐ(01/22)

18年の鉄鋼輸出額、前年比72%増に急増(01/22)

華安の糖尿病足病変薬、インドネ企業に権利授与(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン