国税通則改正法審議遅れで歳入庁設置に影響

インドネシア国会で、税務処理の手順や罰則などを定めた国税一般通則(KUP)法の改正審議が、来年以降に持ち越される可能性が出てきた。改正法案の審議は、昨年10月から進展していない。改正案の目玉である国家歳入庁の設置が大幅に遅れそうだ。27日付ジャカルタ・ポストが伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(15:53)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(05/25)

韓国ロッテE&C、高層住宅建設に参画(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン