【為替マーケット分析】豪州は材料になりにくく、視線は米国へ

■これまでの動き 1月26日の高値0.8136米ドルから2月9日0.7759米ドルの安値まで値を下げた豪ドルは、本稿執筆時点ではそのレンジ内でおとなしく推移している。 足元オーストラリアでは、2月6日にオーストラリア連邦準備銀行(RBA)理事会、8日のロウRBA総裁の講演、…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家の食器洗浄機が故…(01/23)

テルストラが4年連続1位 豪ブランド価値ランキング(01/23)

富士通、豪国防省デスクトップサービス受注(01/23)

豪CEOの25%、19年は景気悪化を予想(01/23)

IMFの世界経済減速予測、豪財相が懸念(01/23)

王立委と銀行の係争、長期化か=ASIC(01/23)

年金の運用実績最低50社、銀行系に集中(01/23)

富豪パーマー氏、資源企を豪からNZに移転(01/23)

BHP、WA州で生産賦課金過少支払い(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン