シドニー第2空港、騒音対策予算に約63億円

オーストラリア連邦政府が、ニューサウスウェールズ州西部のバジェリーズクリークで2026年12月までに運用を開始する予定のシドニー第2空港の騒音を軽減するとともに、近隣の住民に対する補償金のために約7,500万豪ドル(約62億9,100万円)の予算を割り当てていることが分かった。…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(16:35)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(16:35)

豪人の豪華旅行が急成長=富裕層向け旅行企(16:35)

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/15)

豪医療保険、20年来の大改革 保健相が表明、4種に分類へ(10/15)

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議(10/15)

豪仏交渉決裂なら、潜水艦輸出も=河野外相(10/15)

リオ、石炭とアルミ不調で利益に影響か(10/15)

豪LNG輸入計画、「ばかげている」が必要(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン