シドニー第2空港、騒音対策予算に約63億円

オーストラリア連邦政府が、ニューサウスウェールズ州西部のバジェリーズクリークで2026年12月までに運用を開始する予定のシドニー第2空港の騒音を軽減するとともに、近隣の住民に対する補償金のために約7,500万豪ドル(約62億9,100万円)の予算を割り当てていることが分かった。…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(17:04)

訪日外国人、1人当たり消費で豪人が最高に(17:23)

テイクオフ:電車で不正乗車を取り締…(01/17)

豪の法人関連税率、世界最高級 OECDリポート(01/17)

豪インフラ開発資金、調達に疑問浮上(01/17)

豪1月消費者マインド、100割り込み悲観的に(01/17)

VIC州電力スポット価格予想、熱波で急騰(01/17)

18年のQLD州石炭輸出量、過去最多(01/17)

豪資源企と鉄鋼企、鉄鉱石貨物契約更新せず(01/17)

ホンダ、豪昨年新車販売上位10社で伸び率最高(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン