• 印刷する

エアアジア、クチンにLCCT建設で協議

マレーシアの格安航空会社(LCC)、エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は、サラワク州クチンに格安航空専用ターミナル(LCCT)の建設を検討していると明らかにした。サラワク州政府が計画を承認した場合、2億~3億リンギ(約54億6,400万~81億9,600万円)規模の投資となる。27日付スターが伝えた。

クチンで開催された同州政府主催のイベントで26日、明らかにしたもの。イベントに同席したアバン・ジョハリ州首相は、「諸条件を交渉中。建設場所はクチン国際空港の周辺になるだろう」と述べたが、土地価格の高騰を懸念し、具体的な言及を避けた。

エアアジアの幹部は以前、クチン国際空港の収容能力は年間500万人で、2016年時点で既に限界に達しつつあるとコメントしていた。同社は昨年、サラワク州内に離発着する路線の座席数を約2割増加させ、搭乗者数は約300万人だった。国内線、国際線合わせて23路線を就航している。

フェルナンデス氏は、クチンからタイ・バンコクや、タイのその他の都市への就航を検討していることを明らかにした。また、航空大手エアバスの機材を用いて、2年以内にマレーシアとアフリカの都市を結びたいと話した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夫はマレーシア華人だが…(10/15)

卵子提供、高まるマレーシア人気 「わが子」の願いと倫理の問い(10/15)

RM=27.0円、$=4.15RM(12日)(10/15)

PASDEC、ボツワナで日産から受注(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

プロトンの「X70」、タイなどに輸出へ(10/15)

MAHB、非航空事業の売上高拡大に注力(10/15)

トップグローブ、18年通期売上が過去最高(10/15)

タウィン、中国企業と銅ロッド生産へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン