• 印刷する

《日系進出》センコー、外食MKと低温物流

センコーグループホールディングスは27日、タイの外食チェーン大手MKレストラン・グループと合弁会社を設立すると発表した。コールドチェーン(低温物流)を中心に物流事業を展開する。来月に設立する見通し。

資本金13億バーツ(約44億円)で、バンコク東部のバンナーに本社を設置する。MKレストラン・グループが49.75%、センコーグループホールディングスと同社の傘下企業2社が計49.75%を出資する。

MKは従来、社内の物流部門が冷凍・冷蔵による保管・配送を実施していたが、拡大する外食需要に対応するため、物流業務の効率化が課題となっていた。物流部門(車両・物流センター・人員)を合弁会社に移管し、センコーグループのノウハウを生かした保管・配送体制を構築する考え。

合弁会社は、来年4月以降に常温・冷蔵・冷凍に対応した物流センターをバンコクに開設する計画。センコーの広報担当者によると、MKレストランの物流体制の強化に加え、MKレストラン以外で冷温物流が必要な外食企業、食品メーカーなどの顧客開拓を進める。

MKレストラン・グループは、タイスキ・チェーン「MKスキ」、日本食レストラン「やよい軒」など9ブランド、638店を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

レクサス、セダン「ES」の新モデルを発表(08/17)

マツダの7月販売、62%増の6400台(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

英トライアンフ、コンケンにショールーム(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不動産ゴールデン、同系列企業から土地取得(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン