《日系進出》センコー、外食MKと低温物流

センコーグループホールディングスは27日、タイの外食チェーン大手MKレストラン・グループと合弁会社を設立すると発表した。コールドチェーン(低温物流)を中心に物流事業を展開する。来月に設立する見通し。

資本金13億バーツ(約44億円)で、バンコク東部のバンナーに本社を設置する。MKレストラン・グループが49.75%、センコーグループホールディングスと同社の傘下企業2社が計49.75%を出資する。

MKは従来、社内の物流部門が冷凍・冷蔵による保管・配送を実施していたが、拡大する外食需要に対応するため、物流業務の効率化が課題となっていた。物流部門(車両・物流センター・人員)を合弁会社に移管し、センコーグループのノウハウを生かした保管・配送体制を構築する考え。

合弁会社は、来年4月以降に常温・冷蔵・冷凍に対応した物流センターをバンコクに開設する計画。センコーの広報担当者によると、MKレストランの物流体制の強化に加え、MKレストラン以外で冷温物流が必要な外食企業、食品メーカーなどの顧客開拓を進める。

MKレストラン・グループは、タイスキ・チェーン「MKスキ」、日本食レストラン「やよい軒」など9ブランド、638店を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:渋滞で停止した車のサイ…(05/24)

東急電鉄、首都で分譲950戸 サンシリとの合弁第2、第3弾(05/24)

4月の車輸出5%増、米州向けが拡大(05/24)

トヨタ、「C―HR」2万台販売の見通し(05/24)

Dウェル、首都3カ所で高級低層住宅を開発(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

主要6空港利用者、4月は9%増の1214万人(05/24)

タイ国際航空に新社長、1年以上不在(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン