豪と東ティモール、海洋境界画定条約締結へ

オーストラリアと東ティモールの両政府が、ティモール海の両国の境界線とグレーター・サンライズ石油・ガス田の開発について大筋合意し、3月6日に海洋境界画定条約に署名することが分かった。これにより領海紛争に終止符が打たれ、同石油・ガス田の開発に向けて大きく前進するこ…

関連国・地域: オーストラリア日本東ティモール米国
関連業種: 天然資源建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある夜、キャンベラの高…(05/21)

豪サイバー攻撃、教育が標的 26%で最多、IT部門上回る(05/21)

英GFG、EV製造拠点をVIC州に変更か(05/21)

イクシスLNGの費用、予算を80億$超過へ(05/21)

BHPが事業拡大模索、時価310億米$増も(05/21)

三井住友Fが石炭火発融資見直し、豪が注目(05/21)

中国企業の海外不動産投資、1Qは27%減(05/21)

排出減目標、引上げなしで再生可エネ投資減(05/21)

WA州の企業景況感、7年ぶりの高水準(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン