ハリムが新工場、総合食品会社に脱皮へ

飼料と肉加工品を手がける韓国のハリムグループは27日、全羅北道益山市で家庭用インスタント食品と天然調味料を製造する新工場「ハリムフードコンプレックス」の起工式を開催した。事業費は約4,000億ウォン(約400億円)。高齢化と一人暮らし世帯の増加による消費パターンの変化への対応を機に、総合食品会社への脱皮を図る。

12万709平方メートルの敷地内に食品加工工場3棟と物流センターなどを建設する。2019年の稼働を目指す。

同グループは現在、1,700億ウォンを投じ、同市内にある鶏肉解体・加工工場の増築工事を進めている。敷地面積は13万5,445平方メートル。完成すれば、鶏肉工場としては国内最大規模となるという。同グループはまた、同市の国家食品クラスター内に5万3,623平方メートルの敷地を確保。食品加工プラントを建設する計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

外国企業への支援制度を変更 新産業育成と雇用拡大が狙い(07/20)

「GU」、9月14日蚕室に韓国1号店(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

SK証券、新興ファンドに売却へ(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ベトジェットが大邱線就航、毎日運航へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン