• 印刷する

テイクオフ:「今は冬みたいなもので…

「今は冬みたいなもので、フィリピンでは一番過ごしやすい時期ですよ」。当地駐在の方と東京からの出張者のやり取りを聞いていて、「確かに」という思いと、「この日差し、もう夏の入口では」という思いが同時に去来した。

年間通して気温が27度前後の常夏といえど、確かに当地にも季節は存在する。3~6月初頭が夏、6~10月が雨期で、11~2月が乾期。2月中旬は最も気温が下がる。1、2月はわが家でも冷房の出番がほとんどない。

こうして並べてみると、冬が来たと思えば一気に夏に突入するわけで、なんとも荒っぽい季節変動だ。季節の変わり目で体調が、という繊細な話は当地ではあまり聞かないが、やはり体には負担になるのかもしれない。最近、体調が思わしくないと訴える友人がちらほらいる。せっかくビールのおいしい真夏の到来、体調を万全に整えて迎えたい。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつてはH&M、フォー…(01/16)

海賊被害、過去12年で最低 18年はアジア海域で25%減の76件(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

今年の昇給率は横ばいの6%、転職は下火(01/16)

11月の海外送金受取、2.8%増の23.3億ドル(01/16)

4月までにインフラ融資6件契約へ、日中と(01/16)

税制改革の税収増、1~9月は目標の95%(01/16)

今年輸出額は6%増予想、輸出業者連盟(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン