出入国官、中国人旅行客にチップ要求横行

カンボジアを代表する観光地アンコール遺跡郡(北西部シエムレアプ州)には、2018年の春節(旧正月)期間に7万人を超える中国人旅行客が訪れた。春節期間中に空港から出国する際、出入国審査官からチップを要求されたという訴えが相次いでいる。 中国共産党上海市委員会の機関紙…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン自治港が拡張 処理能力2倍に、900万ドル投資(12/20)

現代自、SUV「コナ」の新モデル発売(12/20)

民間債務が足かせ、信用リスク高く=S&P(12/20)

主要空港の旅客数、18年は1000万人突破(12/20)

携帯スマート、WiFi音声通話に対応(12/20)

首都の国際空港、貨物管理部門を組織(12/20)

中小企業のIT活用促進を、世銀が見解(12/20)

瀾滄江メコン川協力基金、800万ドルを支援(12/20)

本田選手の活動に「懸念」、人権団体(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン