商議所、燃料油輸入のシンガ依存分散を提案

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)とミャンマー石油取引協会(MPTA)は、現在シンガポールを経由して輸入している燃料油について、インドや中国などアジアの輸出国から直接購入すべきだとの認識を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が26日伝えた。 両団体が24…

関連国・地域: 中国韓国ミャンマーインド日本
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

燃油の国内小売価格、3カ月半で13%上昇(09/21)

日系TVP、情報会社フロンティアに出資(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

記者の釈放要求か、英外相と国家顧問会談(09/21)

性暴力被害の女性支援表明、英外相が訪問(09/21)

SNSでスーチー氏侮辱の男性、禁錮7年に(09/21)

年内に成都と武漢に定期便、国営航空(09/21)

ヤンゴン空港、VIP専用ターミナル建設へ(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン