23日指数は続伸、従来型産業がけん引

26日の台湾株式市場で加権指数は続伸。終値は前営業日比42.15ポイント(0.39%)上昇し10,836.70ポイント、売買代金は1,200億8,000万台湾元(約4,380億円)だった。 週明け26日の台湾市場は、主力のハイテクに代わり従来型産業が取引の主役となった。中でも製紙と食品が全面高。製…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここは台湾なのか。台南…(08/16)

全家がハイテクコンビニ推進 台新銀と共同で顔認証など実験店(08/16)

TSMC、生産拡大に1364億元予算(08/16)

台湾半導体産業生産額、18年は前年比5.9%増(08/16)

バイオ医薬の泰福、台湾に生産拠点を設置(08/16)

製薬の中化、薬用せっけん工場が落成(08/16)

アリババ系ECの淘宝、台湾事業を強化(08/16)

中華郵政、配達人全員にPDA支給計画(08/16)

7月の訪日台湾人客、同月過去最高を更新(08/16)

訪台旅行客、17年は個人客が8割を突破(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン