• 印刷する

テイクオフ:通勤途中のローカル食堂…

通勤途中のローカル食堂の数々は、夜が更けるといつも客でいっぱいになる。カレーやビリヤニといった料理を無駄のない動作で作る職人たち。その姿には自信が満ちあふれている。

一部の食堂が姿を消したのは今月初め頃だった。30メートルくらいの距離に3軒あったが、残ったのはがれきの山だけ。繁盛していると思っただけに突然の閉店に驚いた。都市部の食堂や露店は高い土地代を払っていると聞いたことがある。3軒とも返済が滞り、立ち退きを命じられたのかもしれない。

ところが、彼らは10日前ほどに再び姿を現した。屋根はまだない。椅子とテーブル、調理場だけの簡素な作りだ。がれきは店の横にまだ残っている。まず1軒が営業を再開し、残り2軒も戻ってきた。閉店理由は明らかでないが、調理場で黙々と仕事をこなす職人たちの姿は以前と全く変わっていない。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外に出掛けるため空港…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

18年M&A額が過去最高 1千億ドル突破、今年も動き活発(01/16)

米系金融サービス社、同業など4社買収(01/16)

〔政治スポットライト〕豪州、東京TPP会合で加盟国拡大推進へ(01/16)

マルチスズキ、新型「ワゴンR」の予約開始(01/16)

国内初の全車EVタクシー、首都圏で営業(01/16)

フリップ創立者、配車オラに約100億円出資(01/16)

エティハド航空、ジェットエアに追加出資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン