起亜自動車、AP州の工場で3000人雇用

韓国の起亜自動車がインド南部アンドラプラデシュ州で建設中の工場の従業員数は、フル稼働時で3,000人となる見通しだ。近く採用活動を始める。PTI通信が伝えた。

同社がインドに工場を設置するのは初めてとなる。投資額は10億米ドル(約1,100億円)で、年産能力は30万台。従業員の研修を州政府と共同で進める方針も示している。

工場は来年3月までに完工する予定。第1弾の車種は、インド市場向けに開発したスポーツタイプ多目的車(SUV)となる見通しだ。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン