小型株の印紙税免除に懐疑的 マ証取企業4割弱が対象

中小型株の売買の活発化を狙い、取引にかかる印紙税を免除とする措置の導入が3月以降に延期された。マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)上場企業の4割弱に当たる361社が対象となり、政府は、新規株式公開(IPO)に関心の高い機関投資家を中心に利用が進むとみていた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:iPad持参で休日は近…(07/23)

CEO報酬平均、ゲームが首位 最多はゲンティンのリム氏(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

RM=27.6円、$=4.06RM(20日)(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

バイオ燃料「B10」プログラム、年内発表へ(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

エアアジアX、エアバス機を追加発注(07/23)

エアアジアX、タイ子会社が近く上場へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン