小型株の印紙税免除に懐疑的 マ証取企業4割弱が対象

中小型株の売買の活発化を狙い、取引にかかる印紙税を免除とする措置の導入が3月以降に延期された。マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)上場企業の4割弱に当たる361社が対象となり、政府は、新規株式公開(IPO)に関心の高い機関投資家を中心に利用が進むとみていた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィスの階下においし…(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

老舗政党UMNO揺らぐ基盤 総裁逮捕で不信噴出、離党が続出(12/17)

日系ブロックチェーンが存在感 チェーントープ、KLに新拠点(12/17)

RM=27.1円、$=4.18RM(14日)(12/17)

新車販売、通年目標58.5万台達成へ=MAA(12/17)

ナザ、東南ア初の仏DSオート販売店を開設(12/17)

ペトロナス、起業促進で5大学に給油所設置(12/17)

テナガ、3月から産業向け電気料金引き上げ(12/17)

マレーシアビジョンバレー、第1期が始動(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン