スクート、南昌・プカンバルへの便就航

シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアは26日、中国江西省・南昌市とインドネシア・プカンバルへの便を就航すると発表した。

7月2日からシンガポール―南昌便を週3便運航する。使用機材はエアバスA320。就航記念のキャンペーンとして、7月2日~10月27日の便の片道航空券を、3月4日まで最低で税込み78Sドル(約6,320円)で販売する。

プカンバル便は、同じSIA傘下のシルクエアーから路線を引き継ぐ形で、4~6月期に運航を開始。機材はやはりA320を使用する。

南昌は、スクートにとって中華圏で20番目の就航地。インドネシアではこれまでデンパサール(バリ島)、ジャカルタ、パレンバン、スラバヤに飛ばしてきた。

同社は昨年6月、初の長距離路線となるギリシャ・アテネ便を就航。今年下半期(7~12月)には独ベルリン線も開設する計画で、南昌、プカンバルと合わせて就航先は18カ国・地域の66都市に拡大する。


関連国・地域: 中国シンガポールインドネシア欧州
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…(05/21)

科学技術庁から新会社が誕生 シリコンフォトニクスを商用化(05/21)

卸売り販売額、1~3月期は7%上昇(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

シンガポールに局長派遣、日本政府(05/21)

シンガポール航空、通期利益7年ぶり高水準(05/21)

SIA、シルクエアー統合で客室設備刷新(05/21)

電動スケーターのシェア始動、乗り捨て可能(05/21)

MRT南北線、6月週末に5駅で短縮営業(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン