CLP、洋上LNG基地の環境報告を提出へ

ラマ島を除く香港の離島や九龍、新界、海外で電力事業を手掛けるCLPホールディングス(中電控股)は26日、新界・屯門のブラックポイント発電所で建設中の新しいガス火力発電ユニットについて、予定通り2020年までに稼働できる見通しを示した。また、香港海域に洋上の液化天然ガ…

関連国・地域: 中国香港オーストラリアインド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

一田百貨、上期は2割増収=W杯が貢献(20:23)

テイクオフ:早くも月餅のシーズンが…(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

マカオのカジノ免許、「CSR」要件追加へ(08/15)

香港のコンテナ取扱量、今後10位以下転落も(08/15)

天虹紡織、貿易戦恐れず生産拡大へ(08/15)

APA、香港CKIの買収案受け入れへ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

大学生に人気の就職先ランク、政府がトップ(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン