CLP、洋上LNG基地の環境報告を提出へ

ラマ島を除く香港の離島や九龍、新界、海外で電力事業を手掛けるCLPホールディングス(中電控股)は26日、新界・屯門のブラックポイント発電所で建設中の新しいガス火力発電ユニットについて、予定通り2020年までに稼働できる見通しを示した。また、香港海域に洋上の液化天然ガ…

関連国・地域: 中国香港オーストラリアインド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

年金制度ランク、香港はアジア3位と低く(18:58)

テイクオフ:今回はあそこの住宅棟か…(10/23)

大手の楽観傾向弱まる 4Q景況感、建設・製造業が悪化(10/23)

香港人の平均資産は24.5万米$、世界14位(10/23)

本土を目指す起業家、青年聯会が支援(10/23)

日系イベント情報(10月2回目)(10/23)

貿易戦が玩具企業に圧力、来年の受注減も(10/23)

香港エクス、香港―長崎線を来年1月就航へ(10/23)

大橋開通日の発表遅く、越境バスが準備不足(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン