• 印刷する

テイクオフ:10年物のパスポートが…

10年物のパスポートがそろそろ失効する。新たに必要となる写真を撮るべく、雑居ビルに入る小さな写真屋を訪ねた。事前に写真サイズや背景は白などの規定を確認していたものの、その必要はなかったようだ。店内になんと、世界20カ国以上のパスポート写真の規定を示したポスターが貼られていたのだ。ご丁寧にモデルの人種や衣類まで考慮されている。

「小さな街の写真屋が、世界を股に掛けてビジネスをしている」。マレーシアをまた1つ好きになった瞬間だった。愛想の良い店主は、「背景が白だから白いシャツじゃ駄目だ。これを着ろ」と店にある黒い上着を渡してくる。お節介だが、「新しいから心配するな」とこちらの気持ちを察するあたりが憎めない。

下町の世話好き店主の写真とともにまた10年。今度はどんな国と人が待っているのだろうか。旅はまだまだ続く。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン