• 印刷する

米と香港の保険大手、AMP傘下部門に食指

香港上場の保険大手、AIAグループ(友邦保険控股)と米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が、オーストラリアの金融大手AMPから生命保険部門など、少なくとも計50億豪ドル(約4,181億円)に上る資産の取得を模索しているもようだ。26日付オーストラリアンが伝えた。

AIAとAIGは先に、AMPの生命保険部門の買収に関心を示していると報じられていたが、両社はこのほかにも、AMPが売却を計画する資産管理部門やニュージーランド(NZ)事業などを含む資産の取得を検討しているとみられる。

AIGから2009年に分社したAIAは昨年、オーストラリアの銀行最大手、コモンウェルス銀行(CBA)のオーストラリアとNZの生命保険部門を38億豪ドルで買収しており、一部では、AIAがこれらのCBA資産に取得を狙うAMP資産を統合させるのではとの見方も出ている。

AMPの生命保険部門については、今月中旬に中国生命保険大手の中国人寿保険(チャイナ・ライフ)も、買収の可能性を探りAMPと協議を進めていることが報じられていた。

AMPは、NZ事業に関して、新規株式公開(IPO)や事業分離を実施することも検討しているとみられる。


関連国・地域: 中国香港オーストラリアニュージーランド米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

テイクオフ:オーストラリアの4大銀…(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

日系人材ウィル、豪同業QAを買収(09/21)

石炭火電の改修と新設の支援、エネ相が検討(09/21)

豪石炭事業に影響も、丸紅の石炭火電撤退で(09/21)

LNG輸出、原油価格高と豪ドル安が追い風(09/21)

豪のM&A取引額、今年は過去最高更新か(09/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪政府、青果への異物混入で刑罰強化(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン