17年のマラリア感染は倍増、保健省

カンボジア国家マラリア・寄生虫・昆虫学センターによると、2017年のマラリアの感染件数は4万5,991件となり、前年比でほぼ倍増した。死亡したのは1人だった。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

16年の感染件数は2万3,627件で、死亡は1人だった。同センターによると、蚊帳の寿命は3年だが、取り替えていないことが多いほか、マラリアの感染率が高い新たな開発地域に移り住む人が増えたことが要因。

モム・ブンヘーン保健相は各州の保健当局者に対し、マラリアの症状が出た患者への投薬などを迅速にするよう助言。160万枚以上の蚊帳を供給する準備があると述べた。

同センターは18年、北西部バッタンバンや中部コンポンチュナンなど6州で、マラリアの発症を1,000人に1人に抑える方針。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

「事実を報道していく」 有力紙ポストの新オーナー会見(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

証券取引委、投資ファンドの規定導入へ(05/21)

プノンペン新空港建設遅延、投資家に戸惑い(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

不動産7NG、カンダル州で衛星都市開発(05/21)

コッコン州の土地紛争、300人が新たに抗議(05/21)

縫製協会、労働者保護強化の法改正に難色(05/21)

ANZロイヤル銀を買収 Jトラスト、成長市場に照準(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン