• 印刷する

17年のマラリア感染は倍増、保健省

カンボジア国家マラリア・寄生虫・昆虫学センターによると、2017年のマラリアの感染件数は4万5,991件となり、前年比でほぼ倍増した。死亡したのは1人だった。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

16年の感染件数は2万3,627件で、死亡は1人だった。同センターによると、蚊帳の寿命は3年だが、取り替えていないことが多いほか、マラリアの感染率が高い新たな開発地域に移り住む人が増えたことが要因。

モム・ブンヘーン保健相は各州の保健当局者に対し、マラリアの症状が出た患者への投薬などを迅速にするよう助言。160万枚以上の蚊帳を供給する準備があると述べた。

同センターは18年、北西部バッタンバンや中部コンポンチュナンなど6州で、マラリアの発症を1,000人に1人に抑える方針。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

貿易救済法の活用ゼロ 施行1年弱、費用・認識が不足(09/20)

国際協力銀、時計ナカザワに20万ドル融資(09/20)

政府・企業が賛同、米商議所の制裁再考要請(09/20)

アパレル申洲国際、工場新設を計画(09/20)

19年適用の最低賃金、3者協議を再開(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

農業省、政策実行強化を呼び掛け(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

中銀、金融教育強化へ米ビザと提携延長(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン