岐路に立つ報道の中立性 事実上の規制懸念、政府は反論

カンボジア政府による事実上の報道規制で、メディアの中立性が岐路に立たされている。国内外の報道関係者は、フン・セン政権が反政府の報道を暗に取り締まり、言論統制を強めていると批判。報道の自由が奪われていると懸念を示している。一方、政府は「メディアは法律によって保護…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

中国が40億元無償支援 首脳会談、貿易額も倍増へ(01/23)

首相が中国で投資呼掛け、行政効率化を強調(01/23)

40経済団体、EU制裁手続きに「深い懸念」(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

縫製労働者世帯の4割、小口金融から借入れ(01/23)

チップモンが銀行始動、ITサービスに注力(01/23)

精米前ならEUへ無税輸出可、アムルライス(01/23)

ベトナム国境の市場は4月開業、商業省(01/23)

外国人7万人摘発、不正な身分証保有で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン