地域経済、業況で明暗 電子系拠点で生産・消費活発に

2017年の地域経済は産業分野の業況によって明暗が分かれた。韓国統計庁の「地域経済動向」によると、忠清南道は半導体やディスプレーの持続的な好況で経済活動が活発になった一方、造船や自動車の製造拠点である蔚山市は生産や消費が低調だった。ハイテク製品がけん引する成長モデ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:このところ、消費生活が…(10/16)

中小企業の海外投資が急増 内需低迷、雇用減加速に懸念(10/16)

9月失業率3.6%、0.3P悪化=統計庁(10/16)

韓国路線好調のベトジェット、新路線開設へ(10/16)

SKが中国事業を加速、「第2の内需」に(10/16)

愛敬グループ、創業家の支配力が強固に(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

LGU+とLS、農業分野で5Gを活用(10/16)

ポスコVST、地場タンナムに勝訴(10/16)

新韓金融、米投資ファンドが株主に(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン