「民族浄化」抜本解決なく、ロヒンギャ流出半年

【ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが隣国バングラデシュに流出する原因となった、治安当局とロヒンギャ武装集団の衝突から25日で半年。国際社会はロヒンギャ迫害を「民族浄化」と非難し、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相への批判は今も続く。だ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

来月7日がディワリで国民の休日に(14:25)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン