「民族浄化」抜本解決なく、ロヒンギャ流出半年

【ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが隣国バングラデシュに流出する原因となった、治安当局とロヒンギャ武装集団の衝突から25日で半年。国際社会はロヒンギャ迫害を「民族浄化」と非難し、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相への批判は今も続く。だ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決の糸口見つけたい、阿部副大臣(20:39)

新会社法で8千社新規登録 施行5カ月、前年同期の2倍(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

ヒルトン、ヤンゴンで22年オープンへ(01/16)

上場FMI、新会社法に伴い社名変更(01/16)

ヤンゴン総合病院、320床のがん病棟新設(01/16)

国内の家畜数、鶏が7千万羽で最多(01/16)

地場製茶企業3社、中国南寧に販売店開設(01/16)

カチン州の政党、ダム開発で中国大使館に反発(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン