大湾区計画、3月の全人代後に発表か

中国本土で3月に開かれる全国人民代表大会(全人代=国会)後に、広東省と香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」に関する計画が発表される見通しだ。香港政府政制・本土事務局の聶徳権(パトリック・ニップ)局長が明らかにした。計画案は既に中国国務院(中央政…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新世界と騰訊、本土のモバイル決済で提携(12/14)

天丼てんやが香港1号店 5年で10店体制へ(12/13)

コカ・コーラ、水自販機を300台増設(12/13)

アットコスメ、将軍澳に香港4号店(12/13)

香港の柴犬キャラ、権利供与で事業拡大へ(12/13)

海洋公園、18年度に赤字2億$=3年連続(12/13)

来年の成長率は2~2.5%、工銀国際予測(12/13)

本土企業辞める香港人、理由は文化の違い(12/13)

HCM市高級集合住宅、中国人の購入が急増(12/13)

香港と星の企業統治に弱み、種類株解禁で(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン