• 印刷する

汚職ランクで111位、前年から10ランク後退

世界各国の汚職を監視するドイツの非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナルが21日発表した2017年版の汚職度ランキングで、フィリピンは180カ国・地域中111位となり、前年の101位から後退した。

トランスペアレンシー・インターナショナルは各国・地域の「汚職認識指数(CPI)」を算出し、汚職度を比較する。指数は0~100点で、点数が高いほど汚職・腐敗が少ないことを示す。フィリピンの指数は前年を1ポイント下回る34だった。

1位(最も汚職が少ない国)はニュージーランドで、指数は89。東南アジアの主要国ではシンガポールが世界6位となる84で、最高となった。ブルネイが62(32位)、マレーシアが47(62位)、インドネシアとタイが37(96位)、ベトナムが35(107位)でフィリピンを上回った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「隠れ家的なバー」が、…(12/10)

3QのFDI認可額は7%増 税制改革でPEZAは大幅減(12/10)

新車販売、環境厳しく来年は1桁成長か(12/10)

ミ島の戒厳令、大統領が1年間の延長要求(12/10)

11月末の外貨準備755億ドル、3カ月ぶり増(12/10)

9月卸売物価指数、3カ月ぶりに加速(12/10)

所得下位層の物価上昇率、9年ぶり水準続く(12/10)

固形ごみ処理コスト、年間1570億円に(12/10)

グラブと財閥SMが提携、スマホ決済拡大へ(12/10)

7日為替:$1=52.710ペソ(↑)(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン