• 印刷する

汚職ランクで111位、前年から10ランク後退

世界各国の汚職を監視するドイツの非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナルが21日発表した2017年版の汚職度ランキングで、フィリピンは180カ国・地域中111位となり、前年の101位から後退した。

トランスペアレンシー・インターナショナルは各国・地域の「汚職認識指数(CPI)」を算出し、汚職度を比較する。指数は0~100点で、点数が高いほど汚職・腐敗が少ないことを示す。フィリピンの指数は前年を1ポイント下回る34だった。

1位(最も汚職が少ない国)はニュージーランドで、指数は89。東南アジアの主要国ではシンガポールが世界6位となる84で、最高となった。ブルネイが62(32位)、マレーシアが47(62位)、インドネシアとタイが37(96位)、ベトナムが35(107位)でフィリピンを上回った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の精錬会社、金回収技術を売り込み(12:52)

テイクオフ:日系企業の出張者と話し…(10/18)

金融引き締めスタンス休止も 中銀、前月比インフレ緩和で(10/18)

ネットベースの輸入申告システム、全国導入(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

政府機関の予算消化率、1~9月は97%(10/18)

国際競争力は56位、インフラ整備に遅れ(10/18)

17日為替:$1=53.890ペソ(↑)(10/18)

ボラカイ島、eトライク200台を導入(10/18)

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン