エネ鉱省、電気料金を19年末まで据え置きへ

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、現行の電気料金を2019年末まで据え置く方針だ。ジョナン・エネルギー・鉱物資源相が22日明らかにした。財務状況が悪化している国営電力PLNにとっては強い逆風となりそうだ。23日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ジョナン・エネ鉱相は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上半期の投資2.7兆円、前年同期比7%増(22:11)

省エネ認証、冷蔵庫や炊飯器などにも導入へ(22:11)

禁錮1年6月求刑、礼拝呼び掛け抗議で(22:13)

テイクオフ:インドネシアにいま、7…(08/15)

【自動車特集】購入「価格」「燃費」を重視 新車選び、LCGC人気再浮上(08/15)

4~6月の海外直接投資、前年同期比13%減(08/15)

トルコリラ暴落対策、経常赤字の縮小求める(08/15)

為替が1万4600ルピア台に、株価は続落(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

住宅金融支援機構、第二次抵当公社と覚書(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン