エネ鉱省、電気料金を19年末まで据え置きへ

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、現行の電気料金を2019年末まで据え置く方針だ。ジョナン・エネルギー・鉱物資源相が22日明らかにした。財務状況が悪化している国営電力PLNにとっては強い逆風となりそうだ。23日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ジョナン・エネ鉱相は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バンテン州の複線化、11月に運行開始(21:39)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(19:15)

PLN、15億米ドル相当のグローバル債発行(21:39)

テイクオフ:「2018年の新作、ク…(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

来年の首都最低賃金、州労働局8%増に準拠(10/23)

日系出資発電所に官民で13億ドルの協調融資(10/23)

日本政府、MRT工事で700億円供与へ(10/23)

首都、MRT事業に22億円の補助金を計上へ(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン