ロヒンギャの人道支援に18億円、日本政府

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で、日本政府は22日、国連世界食糧計画(WFP)などの国際機関に18億7,000万円を無償提供すると発表した。経済活動の停滞で生活環境が悪化していることを受け、避難民に対する食糧供給などの人道支援を後押し…

関連国・地域: ミャンマー日本バングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

報道の自由度138位、昨年から1ランク後退(21:09)

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

18年度上半期の外国人観光客、34%増(04/22)

アフリカ輸出のコメが焼却処分、原因究明へ(04/22)

水掛け祭り期間の死者288人、前年比大幅減(04/22)

2大都市の大型開発4件が始動=建設省(04/22)

中国国境のムセ、マンゴー輸出が好調(04/22)

医療アプリのミャンケア、スパークスが出資(04/22)

米投資公社、マイクロ金融BRACに融資(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン