ロヒンギャの人道支援に18億円、日本政府

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で、日本政府は22日、国連世界食糧計画(WFP)などの国際機関に18億7,000万円を無償提供すると発表した。経済活動の停滞で生活環境が悪化していることを受け、避難民に対する食糧供給などの人道支援を後押し…

関連国・地域: ミャンマー日本バングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

砂糖・燃油の再輸出認可、ドル高で一時中止(15:46)

日本留学への関心高まる フェア、過去最高の2千人来訪(08/20)

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所(08/20)

通貨安で経済界と協議予定、スー・チー氏(08/20)

中銀、7月末から累計700万ドルを売却(08/20)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/20)

ラカイン諮問機関、最終報告書を提出(08/20)

コフィ・アナン氏が死去=ラカイン問題に勧告(08/20)

貢献に謝意、アナン氏死去で社会福祉相(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン