ロヒンギャの人道支援に18億円、日本政府

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で、日本政府は22日、国連世界食糧計画(WFP)などの国際機関に18億7,000万円を無償提供すると発表した。経済活動の停滞で生活環境が悪化していることを受け、避難民に対する食糧供給などの人道支援を後押し…

関連国・地域: ミャンマー日本バングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資が前年比で6割減 4~9月、製造業は増加傾向(10/18)

タンリン工科大で初の就職フェア、日本支援(10/18)

ロヒンギャに人身売買被害、99人を救出(10/18)

和平特別会合が閉幕、重要課題は継続協議(10/18)

燃油輸入販売、規制緩和も外資参入はまだ(10/18)

正ワイ、ヤンゴンに工場建設=米中貿易摩擦で(10/18)

4~9月の鉱物輸出額、5割増の10億米ドル(10/18)

日本と外交ビザの相互免除措置、12月から(10/18)

オランダ、ラカインビーチへの渡航警告解除(10/18)

急進派仏教指導者、ヤンゴンで国軍支持デモ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン