労働生産性、17年4Qは前年同期比3.6%増

マレーシア統計局は22日、2017年10~12月(第4四半期)の労働者1人当たりの労働生産性が8万5,031リンギ(約233万2,629円)となり、前年同期比で3.6%上昇したと発表した。 部門別では、農業が前年同期比4.8%増の5万5,490リンギ、鉱業・掘削業が同4.7%増の124万137リンギ、製…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:豆腐を発酵液に漬けた「…(05/24)

4月新車販売、総選挙で様子見 プロドゥア、シェア過半に迫る(05/24)

4月のCPI上昇率、1.4%(05/24)

RM=27.6円、$=3.97RM(23日)(05/24)

UMW、1Q決算は純利益3.7倍(05/24)

エアアジアX、1~3月期は大幅増益(05/24)

HSRなど大型事業、新政権が見直しへ(05/24)

燃油価格、週ごとの変動なくす=首相(05/24)

パナソニック通期、純益3.1%増=家電好調(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン