• 印刷する

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月

韓国の起亜自動車がインド南部アンドラプラデシュ州のアナンタプール地区で進める工場建設が順調だ。初出荷は2019年3月になる見通し。ビジネス・ライン(電子版)が伝えた。

工場設置に向け、起亜は17年4月に同州政府と覚書を交わした。投資額は1,300億ルピー(約2,100億円)、年産能力は30万台。1万1,000人分の雇用が創出されるという。

同州政府は、起亜の進出をきっかけに自動車産業集積地としての地位を確立したい考えを示す。工場の整備に必要な536エーカー(約217ヘクタール)の用地は、アンドラプラデシュ州産業インフラ公社(APIIC)が用意した。関連企業向けに、一帯では250エーカーの土地を割り当てる計画もある。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の大家は大のハ…(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

電動二輪開発の新興企業、来年の発売目指す(10/16)

EVなどの課題解決、MGが有望な12社選定(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの生産能力増強へ(10/16)

セメント価格、半年で10%上昇見通し(10/16)

9月の卸売物価は5.13%上昇、前月から加速(10/16)

8月の鉱工業生産指数、4.3%上昇(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン