住商がグルガオンで分譲住宅 日系初、総事業費は20億ドル

住友商事は22日、インドで大規模な分譲住宅開発に乗り出すと発表した。年内の着工に向けて、同国のクリシュナ・グループと折半出資で合弁会社を設立。北部ハリヤナ州グルガオンの約26クタールの用地を対象に、計5,000戸を供給する計画だ。総事業費は20億米ドル(約2,150億円)を見…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 南北首脳会談ほか(09/18)

テイクオフ:異国での生活で何かと苦…(09/18)

パタンジャリが事業多角化 再エネ参入、食品で新製品(09/18)

生活雑貨ムムソがインド進出、東部に1号店(09/18)

印支援のシットウェ港、12月に引き渡しへ(09/18)

食品ネット通販2社、競争激化で合併検討か(09/18)

タタとトルコ社の家電合弁、100億ルピー投資(09/18)

ジェットエアとエアインディアが欧州新路線(09/18)

古い車プレート、デリー当局が10月から取締(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン