• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕日本人教授がNZで人身事故、お忍び旅行?

ラジオニュージーランド(NZ)のオンライン版が22日報じたところによると、日本の某国立大学医学部教授(54)が昨年末、愛人とNZを訪れ、クイーンズタウンからレンタカーでマウントクックに向けてドライブ中、居眠り運転による人身事故を起こしていたことが分かった。

同乗していた愛人と、対向車線を走っていたNZ人家族3人が負傷し、同教授は居眠りによる危険運転で起訴された。同日開かれた裁判では、同乗者の女性が当初本人の妻だと供述していたが、実際は愛人であることが分かったという。

裁判長は同教授に対し、相手の負傷者への1万5,000NZドル(約119万円)の慰謝料支払い、NZ内での12カ月間の運転停止などを命じた。


関連国・地域: ニュージーランド日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

オーリゾン、複合一貫輸送部門を同業に売却(10/16)

〔政治スポットライト〕連邦労働党、メルボ空港鉄道に3億$公約(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン