HCM市、児童生徒の15~20%をバス通学に

ホーチミン市は、2020年までに公共バスで通学する児童・生徒の割合を15~20%に引き上げたい考えだ。渋滞緩和を目的としている。国営ベトナム通信(VNA)が21日に伝えた。 公共バスで通学する市内の児童・生徒は17年に前年比10%減の3万6,700人で、市が目標とする4万人を下回…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(08/17)

いすゞ、ディーラー30店視野 特装車・温管車の需要掘り起こし(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

SHTP、テスラ向け電池メーカーを誘致中(08/17)

ゴジェック参入、運転手の争奪戦が激化(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

韓国の釜山港湾公社、米越に事務所設立へ(08/17)

産業用PCの神基、通年売上高は2桁増へ(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

鉄道の安全向上は最優先課題、予算7兆ドン(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン