• 印刷する

テイクオフ:当地には、華人系に生ま…

当地には、華人系に生まれながら、華語が不自由な人が一定数いる。彼らは主に英語を操るため、「見かけは華人なのに中身は白い(西洋人)」という意味で、「バナナ」と呼ばれている。

先日会った華人系男性もその一人。彼はマレー語教育の公立学校を卒業し、インドで医学を修め、当地の公立病院に勤めている。福建系の家庭で育ったため、日常会話レベルの福建語は理解できるが、当地でよく使われる広東語やマンダリン(中国語の標準語)は話せない。

年配の患者から「なぜあの華人医師は華語ができないのか」と苦情を申し立てられるので、いちいち自らの生い立ちを話すのも面倒で「はあ、すみません。日本人だもんで」とけむに巻いていたら、そのうち「あの病院には日本人医師がいる」ということになってしまったそうだ。「次は韓国人ですって名乗ったらモテるかなあ」(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:カプセルホテルがイスラ…(08/21)

通貨スワップ協定を延長 首相訪中、相互利益呼び掛け(08/21)

南沙諸島の軍艦派遣に警戒感=アジ研・熊谷氏(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

RM=27.0円、$=4.09RM(20日)(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

アフィン銀、初のキャッシュレス支店(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

CIMB、障害ある子を持つ従業員に支援策(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン