• 印刷する

テイクオフ:当地には、華人系に生ま…

当地には、華人系に生まれながら、華語が不自由な人が一定数いる。彼らは主に英語を操るため、「見かけは華人なのに中身は白い(西洋人)」という意味で、「バナナ」と呼ばれている。

先日会った華人系男性もその一人。彼はマレー語教育の公立学校を卒業し、インドで医学を修め、当地の公立病院に勤めている。福建系の家庭で育ったため、日常会話レベルの福建語は理解できるが、当地でよく使われる広東語やマンダリン(中国語の標準語)は話せない。

年配の患者から「なぜあの華人医師は華語ができないのか」と苦情を申し立てられるので、いちいち自らの生い立ちを話すのも面倒で「はあ、すみません。日本人だもんで」とけむに巻いていたら、そのうち「あの病院には日本人医師がいる」ということになってしまったそうだ。「次は韓国人ですって名乗ったらモテるかなあ」(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー半島を北上する高…(01/23)

19年の日系昇給率は4.4% NNA調査、人件費は限界水準に(01/23)

三遠南信、マレーシアで農産物プロモ(01/23)

RM=26.4円、$=4.13RM(22日)(01/23)

半導体シルテラ、自動車産業に軸足(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

包装材トミーパック、ジョ州工場稼働に期待(01/23)

環ボルネオ高速、サラワク側第1区間が完工(01/23)

サラワク州、丸太の輸出禁止を検討(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン