汚職指数順位、世界96位に KPKの活躍で事件が明るみに

世界の汚職を監視する非政府組織(NGO)がこのほど発表した2017年版「汚職指数(CPI)」で、インドネシアの「清潔度」は前年の90位から96位に後退した。汚職がひどくなったというよりも特別捜査機関の汚職撲滅委員会(KPK)の活躍で汚職事件が次々とあぶり出されているか…

関連国・地域: カンボジアマレーシアシンガポールインドネシアニュージーランドASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン