金融庁、店頭デリバティブ取引の新規制提案

シンガポール金融管理庁(MAS)は21日、店頭デリバティブ(金融派生商品)取引の新たな規制案を発表した。透明性強化が目的で、銀行に対して主要な金利スワップ取引を組織的市場(取引所または中央清算機関)を通じて行うことを義務付ける。 対象となるのは、店頭デリバティブ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(18:36)

テイクオフ:国土が極端に小さいシン…(12/13)

高齢者の88%が携帯電話所有 IMDAの通信サービス調査(12/13)

オネストビー、小田急百貨店と提携(12/13)

JR東日本、オーチャードに期間限定店開設(12/13)

越境ECの利用、ア太地域で2番目に活発(12/13)

ニッポンプラットフォーム、NETSと提携(12/13)

株価7営業日ぶり反発、OCBCは1.4%高(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

日本郵船、三菱商事子会社と定期用船契約(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン