反落、本土の金融と資源が下落=香港株式

22日の香港株式市場は反落して終了した。米株安の影響を受けて投資家心理が悪化し、中国本土の金融と資源銘柄が軟調だった。ハンセン指数は売り優勢で推移し、再び31000の節目を割り込んで引けた。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(19:50)

テイクオフ:長洲島の「まんじゅう祭…(05/23)

W杯商戦が本格化 小売り・サービス業に販促の動き(05/23)

銀河娯楽が日本に熱視線、年内に責任者決定(05/23)

国際娯楽、ポーカースターズで提携(05/23)

一帯一路の食品展、香港で来月末開催(05/23)

米中の貿易戦争回避、香港政府幹部が歓迎(05/23)

韓副首相が大湾区視察、計画案は来月公布か(05/23)

4月のCPI上昇率1.9%、0.7P縮小(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン