反道義的行為と高い税金、企業を圧迫=世銀

世界銀行によると、ラオスで活動する企業がインフォーマル・セクター(非公式経済部門)による反道義的行為や税率の高さを投資の最大の制約要因に挙げている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が21日伝えた。 世銀の「2018年版ラオス企業調査」によると、調査した企業のうち最も…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、不発弾除去に9億円支援(10/15)

労働市場の情報管理、開発機関と協力必要(10/15)

CLMVT、越境輸送改善でワークショップ(10/15)

農林省、異常気象で食糧安全保障に懸念(10/12)

バンチャーク、近隣国で非石油事業拡大(10/12)

国際金融公社、ラオスの金融業などに融資(10/11)

首相、ベトナムへの高速道路建設に意欲(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン