UP州の鉄道複線化、経済問題委が承認

インドの内閣経済問題委員会(CCEA)は20日、北部ウッタルプラデシュ州のジャンシとマニクプール、ビムセンとカイラルをそれぞれ結ぶ鉄道線路2区間の複線化と電化事業を承認したと発表した。 2区間の総延長は425キロメートルで、事業費は495億5,720万ルピー(約820億円)。…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、自宅の最寄り駅に…(12/20)

テイクオフ:事務所が入居するビルに…(12/20)

マヒンドラEが業者に照準 配車大手などにEV一括納入狙う(12/20)

自動車関連書類、紙での携行不要に(12/20)

伊二輪ランブレッタ、インド市場に再参入へ(12/20)

農機ジョンディア、エンジンの生産能力増強(12/20)

中国のガラス繊維社、西部で来月工場を着工(12/20)

中国の深セン伝音、19年に家電を発売へ(12/20)

マグウェー管区、綿花の生産拡大に注力(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン