従業員の21.3%、直近に昇給=国泰金世論調査

金融持ち株台湾大手の国泰金融控股(キャセイ・フィナンシャル・ホールディングス、国泰金)が21日に発表した月例調査「国民経済信心調査」によると、回答者の21.3%が「直近の月給が過去半年間に比べ上昇した」と答え、2015年5月の調査以来、初めて2割を超えた。

21日付工商時報などが伝えた。調査は2月1~7日に傘下の国泰人寿保険(キャセイライフ)のネット会員と国泰世華商業銀行(キャセイ・ユナイテッド・バンク)の顧客を対象にメールによるアンケート形式で実施し、1万4,796件の有効回答を得た。

収入の増加により、食料や旅行などの非耐久性消費財の消費意欲も高まっているようだ。調査によると、高額な非耐久性消費財への消費意欲について、全体の29.8%が「増加している」と回答し、割合は33カ月来の最大となった。

昇給や旺盛な民間消費を背景に、景気の先行きを楽観する見方も強まっている。「今年の経済成長率は2%を超える可能性がある」と答えた割合は60.6%に上り、経済成長率の平均予測値は2.07%となった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国際競争力17位に後退 中国に抜かれる、労働市場に低評価(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(05/25)

LEDの晶元光電、3事業部を年内に分社化(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

聯発科技、AI技術搭載チップ「P22」発表(05/25)

参拝にもスマート化の波、各社が新製品投入(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

南亜トップ、今年のDRAM市場見通しは良好(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン