サムスン、量子ドットと有機ELの新パネル

韓国のパネル大手サムスンディスプレーが新概念のテレビ用パネル「QD―OLED」の開発に取り組んでいる。画素が自ら発光するためバックライトを必要としない有機ELと、量子ドット技術のそれぞれの利点を組み合わせたパネルだ。21日付電子新聞が伝えた。 量子ドット技術を用…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

主要30グループ、上期投資額が24%増(17:33)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(17:33)

サッカー分析業者に6億円出資、SBVK(17:33)

テイクオフ:夏休みを利用して江原道…(08/16)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

南北首脳会談、9月平壌にて開催で合意(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

7月の輸入物価指数、12.2%上昇(08/16)

AIなど戦略分野に5年で10兆W投資=政府(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン