テイクオフ:彼氏にひざまずいてプロ…

彼氏にひざまずいてプロポーズされ、オーケーして2人で手をつなぎながら歩き出す――。幼い頃から憧れていたストーリーが、信号機のシルエットを使って描き出される。バレンタインデーを前にした今月13日、屏東県にプロポーズ信号機なるものが登場した。

屏東県では、2010年からビーチでの集団結婚式を開催するなど県をあげてブライダル産業の拡大を図っている。そんなロマンチックな県で暮らすと結婚願望も高まるのか、17年に同県で結婚したカップル数は4,346人と行政院(内閣)直轄6市を除く18県市中、彰化県に次いで多かった。

台湾の歩行者用信号機に人型シルエットの通称「小緑人」が登場して、はや18年。小緑人よ、もう生涯の伴侶を見つけたというのか。同年代の友人はさておき、信号機にまで先を越されてしまうとは。願わくば、台北の小緑人は独身を貫きますように。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、3Qは9%増収 新経営陣初の説明会、通年下方修正(07/20)

HTC、インド地区幹部が相次ぎ退職か(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

光宝科技、アップルの新充電器向け受注獲得か(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

光学デバイス6社が生産拡張、3年で2倍も(07/20)

電動二輪車新規登録台数、上半期は3万台(07/20)

ステンレスの運ショウ、寧波の新工場Q4稼働(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン