• 印刷する

テイクオフ:彼氏にひざまずいてプロ…

彼氏にひざまずいてプロポーズされ、オーケーして2人で手をつなぎながら歩き出す――。幼い頃から憧れていたストーリーが、信号機のシルエットを使って描き出される。バレンタインデーを前にした今月13日、屏東県にプロポーズ信号機なるものが登場した。

屏東県では、2010年からビーチでの集団結婚式を開催するなど県をあげてブライダル産業の拡大を図っている。そんなロマンチックな県で暮らすと結婚願望も高まるのか、17年に同県で結婚したカップル数は4,346人と行政院(内閣)直轄6市を除く18県市中、彰化県に次いで多かった。

台湾の歩行者用信号機に人型シルエットの通称「小緑人」が登場して、はや18年。小緑人よ、もう生涯の伴侶を見つけたというのか。同年代の友人はさておき、信号機にまで先を越されてしまうとは。願わくば、台北の小緑人は独身を貫きますように。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた、外国人でしょ…(12/17)

パナソニックが住設事業を強化 台湾で30年に売上高8.4億元目標(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

台湾パネル初、中華映管が会社更生手続きへ(12/17)

太陽電池の緑能、経済部に債務処理を要請(12/17)

ASUSのスマホ不振、4Qは赤字転落も(12/17)

和碩、10億ドルでインドネシアに工場建設(12/17)

アップルアナリスト、iPhone出荷再下方修正(12/17)

米台商業協会会長、「華為製品のリスク判断を」(12/17)

パネルの凌巨、中国子会社の株式を売却(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン