ラオス通信がIPO計画、今年は53億円投資

ラオスの政府系通信大手ラオ・テレコミュニケーション(ラオテレコム、LTC)は、年内の新規株式公開(IPO)を計画している。データ通信需要の拡大を見込み、今年は5,000万米ドル(約53億円)を投資する。20日付ネーションが伝えた。 同社の携帯サービスの利用者数は、昨年末…

関連国・地域: タイミャンマーラオス
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

アジア開銀、医療整備に3000万ドル融資(05/25)

埼玉など4自治体、ラオスの水道事業支援(05/24)

中国海南省、2都市に直航便就航へ(05/24)

証取の売買額3倍、17年は4100万ドル(05/23)

世銀など、国道13号線改修を支援(05/22)

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン