• 印刷する

テイクオフ:「湖の街」の異名を持つ…

「湖の街」の異名を持つ西部ラジャスタン州ウダイプール。風光明媚な街並みを一望できる観光スポット「モンスーン・パレス」は、祝日だったこともあり、インド人の家族連れやカップルの姿が目立った。それぞれスマートフォンや一眼レフカメラの最新機器を手に、記念撮影を楽しんでいた。

初めて海外旅行した1990年代。日本はバブル時代の余韻が残る一方、インドも中国もまだまだ経済成長の「夜明け前」で、その後のアジアの躍進は夢にも思わなかった。アジア人の圧倒的多数は貧しく、当方が持参したポータブル・オーディオ・プレーヤーを羨望のまなざしで見ていたのを思い出す。

あれから30年近く。「ニッポン人はお金持ち」のイメージが薄れてきたのは、やや寂しい気もする。ただ、笑顔あふれるインド人観光客を見ていると「世界は良い方向に向かっている」と思えた。(須)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン