• 印刷する

主要産業の雇用純増数、昨年4~6月は6.4万人

インド労働・雇用省傘下の調査によると、2017年4~6月の主要8産業の雇用変動数は、6万4,000人の純増だった。製造業で雇用が減った一方、教育やヘルス部門が大幅に伸びた。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が伝えた。

同省傘下の労働局が四半期ごとに調査している。製造業の純減数は8万7,000人。物流も純減となった。純増数が最多だったのは教育の9万9,000人。ヘルスやホテル・飲食店などでも雇用が増えた。

対象は◇製造業◇建設◇貿易◇物流◇ホテル・飲食店◇IT・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)◇教育◇ヘルス――の8産業。正規雇用のほか、臨時雇用や自営業者も含まれる。


関連国・地域: インド
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冬場は10時間以上にな…(01/17)

インド郵便局がECに参入 インフラ活用、新事業で収入拡大(01/17)

アマゾン、総選挙と規制強化で投資見合わせ(01/17)

石光商事、紅茶製販の合弁設立(01/17)

印撤退の仏ダノン、地場ヨーグルト社に出資(01/17)

酒造USL、ワイン子会社を売却(01/17)

パナとカルテル、ゴドレジに罰金1千万ルピー(01/17)

キネティック、伊SWMの二輪車を値引販売(01/17)

自動車の人気カラーは「白」、43%が支持(01/17)

電子許可証、交通料金の徴収システムと統合(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン