• 印刷する

テイクオフ:マスクを付けているとけ…

マスクを付けているとけげんな顔をされたのも今は昔。このところ微小粒子状物質「PM2.5」のレベルが高まり、大気汚染が深刻化していたためか、街中でマスクを着用している人が増えた。バンコク郊外の自宅でも、初めて大気汚染を実感。スモッグで霧がかかっているように見通しが悪い上、暑くて息苦しい。治りかけていた風邪が再び悪化し、体調がすぐれない日が続いた。

政府は、排ガスや建設工事が原因だとするが、季節の変わり目に起こりやすいとも説明。空気中の微小粒子を減らすため、人工雨を降らせようとしたが、湿度が足りず、成功しなかった。

そうこうしているうちに、当局は週末に一部で雨が降ったため、バンコクでのPM2.5のレベルが正常値に戻ったと発表。抜本的な解決が図られないまま、なんだかすっきりしない問題の幕引きとなりそうだ。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

レクサス、セダン「ES」の新モデルを発表(08/17)

マツダの7月販売、62%増の6400台(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

英トライアンフ、コンケンにショールーム(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不動産ゴールデン、同系列企業から土地取得(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン