テイクオフ:マスクを付けているとけ…

マスクを付けているとけげんな顔をされたのも今は昔。このところ微小粒子状物質「PM2.5」のレベルが高まり、大気汚染が深刻化していたためか、街中でマスクを着用している人が増えた。バンコク郊外の自宅でも、初めて大気汚染を実感。スモッグで霧がかかっているように見通しが悪い上、暑くて息苦しい。治りかけていた風邪が再び悪化し、体調がすぐれない日が続いた。

政府は、排ガスや建設工事が原因だとするが、季節の変わり目に起こりやすいとも説明。空気中の微小粒子を減らすため、人工雨を降らせようとしたが、湿度が足りず、成功しなかった。

そうこうしているうちに、当局は週末に一部で雨が降ったため、バンコクでのPM2.5のレベルが正常値に戻ったと発表。抜本的な解決が図られないまま、なんだかすっきりしない問題の幕引きとなりそうだ。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SCG、ベトナム石化事業の出資100%に(16:43)

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン