東京都、シンガポール進出支援コースの募集

東京都は19日、都内起業家の海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO」で、シンガポールコースの募集を開始すると発表した。参加企業数は5社程度を予定。3月18日まで受け付ける。

X-HUB TOKYOは進出希望国・地域別に支援コースを設定し、事前研修や海外企業などとのマッチングを通じて世界展開に必要な提携先の獲得を目指すもので、昨年10月に始動した。今回のシンガポール進出支援コースでは4月16日から7月下旬にかけての約3カ月間、世界展開を目指す起業家を対象としたプログラムを東京で実施する。

内容は、現地進出に不可欠な法務面のサポートや英語でのコミュニケーションスキルの向上など、専門家による支援の機会を提供する「事前支援プログラム」、シンガポールからベンチャーキャピタル(VC)などを招いて製品やサービスをアピールする場を設けるとともに、現地事業会社とのビジネスマッチングを行い進出に向けた足掛かりを作る「マッチングプログラム」から成る。

対象となる事業分野はヘルスケアとモノのインターネット(IoT)だが、これら以外でも応募は可能。応募資格は◇都内に事業所を有し、創業後10年未満◇海外展開のための製品・サービスを有する◇英語で対応可能――などとなっている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、「毎…(05/22)

国内共通の電子インボイス始動 アジアで初、欧州規格ベースに(05/22)

SMBC信託銀行とBOS、覚書を締結(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

金融庁、預金保険制度などの改正案発表(05/22)

株価反発、金融最大手DBSは1.4%高(05/22)

ハラル化粧品ニュートリック、星に再進出へ(05/22)

英法人旅行リード&マッケイ、オフィス開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン