造船オースタル、米軍艦建造の受注に前進

オーストラリア・西オーストラリア(WA)州パースを拠点とする造船オースタルが、米国海軍のフリゲート艦建造プロジェクトの受注先選考において、最終候補の5社に残ったことが分かった。同軍は2020年頃の受注先決定を予定しており、1隻当たり8億~9億米ドル(約853億~959億…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: その他製造運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(10/22)

豪与党保守連合、過半数割れ 補選敗退で「少数政府」に(10/22)

豪州、純資産額中間値が19万$超で世界一(10/22)

豪畜産業界、ブレグジットの影響を憂慮(10/22)

石油大手2社、3Q生産量と売上ともに好調(10/22)

草賀駐豪大使、「今後も豪石炭輸入は重要」(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

ANZと6行、貿易情報ネットワーク構築へ(10/22)

疑わしい取引の通報急増、CBA違反発覚で(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン