造船オースタル、米軍艦建造の受注に前進

オーストラリア・西オーストラリア(WA)州パースを拠点とする造船オースタルが、米国海軍のフリゲート艦建造プロジェクトの受注先選考において、最終候補の5社に残ったことが分かった。同軍は2020年頃の受注先決定を予定しており、1隻当たり8億~9億米ドル(約853億~959億…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: その他製造運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪2Q賃金2.1%上昇、低水準も今後伸びるか(18:09)

豪8月消費者マインド、下落も楽観続く(18:09)

ホワイトヘイブン通期、過去最高益を記録(18:09)

テイクオフ:イラン人の友人と散歩に…(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

豪新エネ政策、与党連邦議員総会で承認(08/15)

各地で貯水量低下、シドニー淡水施設稼働も(08/15)

APA、香港CKIの買収案受け入れへ(08/15)

豪政府、法制化済み法人税減税案のみ公約に(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン